ストレス・疲労にともなう心拍変動 : ニューラルネットによる自律神経活動の評価 Heart Rate Variability related with Mental Stress and Cumulative Fatigue : Assessment of the Autonomic Nervous Functions by Using Neural Networks

この論文をさがす

著者

抄録

ストレス・疲労にともなう心拍変動, 呼吸変動などの生理データから自律神経活動を反映する諸指標を抽出し, それらを日常生活で蓄積された疲労感の主観調査結果と比較対応させるとともに軽度のストレス負荷課題を与えて個人の疲労度や活動性が生理的な自律神経指標にどのような影響を与えるかを検討した。その結果をふまえ, 生理指標を入力とし, 疲労度・活動性を出力とする3層構造ニューラルネットにより個人ベースのストレス・疲労に関わる自律神経活動の関与を評価した。

Autonomic function indicators of heart rate variability and respiratory variability related with mental stress and cumulative fatigue were assessed by using time series and spectral analyses under a light mental workload. These indicators were compared with subjective questionnaires from which the mental fatigue state can be abstracted well. Based on the assessment of autonomic functions, feed-forward neural networks having the inputs of 19 indicators were constructed for assessing individual states of vigor and fatigue, and availability of the networks was obtained.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(672), 115-122, 1999-03-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287575
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ