体性感覚で獲得された空間的位置情報の記憶特性  [in Japanese] Characteristics of memory retaining spatial position acquired by limb proprioception  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ポインティングを行って腕を定位した時の指先位置の情報は,定位している腕の関節角などの情報から空間的な位置情報へ変換され3次元的な位置として記憶される.本研究では,「体性感覚(腕の定位)で獲得記憶された空間位置情報」が空間を基準とするのか,頭(体幹)を基準とするのか,という事を調べるために,一度ポインティングして記憶した指先位置へ,一定の記憶時間(7sec)を経た後,もう一度ポインティングするタスクを行い,位置精度の分析を行った.指先位置を記憶する腕と再ポインティングを行う腕に同じ腕を使う(片手)タスクと違う腕を使う(両手)タスクの2つを設定した.以上の様な実験より,片手のタスクでは,頭を基準とした座標系を利用し,両手のタスクでは空間を基準とした座標系を利用している事を示唆する結果を得た.

Hand position or haptic target position can be acquired by limb proprioception and retained in the brain memory until reaching or pointing to the positions is performed after some memory period. It is not known yet whether that 3D position information is represented by a space reference frame or a head reference frame. We investigated accuracy of right-handed pointing to a memorized target position acquired previously by locating the left or right hand. It is suggested that the spatial target position acquired by a different limb from the one used in later pointing is represented by a space reference frame.

Journal

  • IEICE technical report. ME and bio cybernetics

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 99(138), 31-38, 1999-06-24

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003287584
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001320X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    4793367
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top