咀嚼及び嚥下と呼吸リズム間の協調関係に対する姿勢の影響 Effects of posture on the coordination of respiration, swallowing and mastication

この論文をさがす

著者

抄録

咀嚼及び嚥下と呼吸リズム間の協調関係に対する姿勢の影響につき検討した。椅子に座り、胴と頭部を垂直にした姿勢で人参片を食する試行では、最初の嚥下は呼気相の後半で生じ、咀嚼の開始は吸気及び呼気相のどの位相でも平均的に生じた。一方、四這いで頭部を下方に下げた姿勢では、試行中の最初の嚥下は呼気相の始めの方で生じるようになり、また咀嚼の開始は吸気から呼気相への移行期に生じるようになった。これらの結果は咀嚼及び嚥下と呼吸リズム間の協調関係が食物を食べる姿勢により変化することを示す。

In the present study, effects of posture on the coordination of respiration, swallowing and mastication were investigated in human subjects. When subjects were on their hands and knees with the back straight, and head facing back (DOWN-DOWN posture), the first swallow during the trial of carrot intake tended to occur earlier in the expiratory phase than that of subjects who sat on a chair with the torso upright, and head forward (UP posture). In addition, the onset of the mastication tended to occur in the transition phase from the inspiration to the expiration for the DOWN-DOWN posture, whereas that occurred almost evenly in the inspiratory and expiratory phases for the UP posture. The results suggest that the coordination of respiration, swallowing and mastication is affected by torso and head postures during feeding.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 99(82), 1-5, 1999-05-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4759523
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ