手首局所カフによる血圧測定の可能性に対する基礎的研究 Applicable of Local Cuff for Indirect Blood Pressure Measurements at Wrist

この論文をさがす

著者

抄録

カフ末梢側の血流遮断が生じないよう手首において正方形局所カフにより正確な血圧を測定する方法につき検討した。2次元及び3次元有限要素モデルを用いた理論解析の結果は, 手首撓骨末端の突起部分(RPS)レベルにおいて, 一辺が手首直径の0.25倍である正方形カフを用いれば撓骨動脈(RA)への圧伝達率がほぼ100%となり、正確な血圧を測定できる可能性を示した。一方, 光電容積振動法を用いた血圧測定実験の結果は, 一辺が手首直径の0.45倍である正方形カフを用いれば手首RPSレベルのRAで測定した平均血圧が上腕で測定した平均血圧と一致することを示した。従って, 手首RPSレベルのRAでは一辺が手首直径の約1/3〜1/2である正方形局所カフで十分正確な血圧測定が可能であるという結論を得た。

For accurate indirect blood pressure measurements at the wrist, we investigated an applicability of a local square cuff which selectively compresses the radial artery at the level of the most protuberant spot on the volar aspect of the distal end of the radius. The theoretical (finite element method) and experimental (volume oscillometric method) results indicate that the square cuff whose bladder width is about 1/3 to 1/2 of the wrist diameter can be used for accurate blood pressure measurements at the wrist.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 99(82), 7-12, 1999-05-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287595
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4759534
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ