健康自動計測システムのウェルフェアテクノハウスへの導入 Automated Monitoring System for Home Health Care

この論文をさがす

著者

抄録

トイレ, 浴槽, ベッド等の一日のうちに必ず何回かは手や身体を触れたり, 使用したりする家庭用調度品の中に健康管理指標のためのセンサを内臓し, 無意識のうちに健康状態の記録を行う健康自動計測システムを富山県高岡市に建設されたウェルフェアテクノハウスに導入した.本システムを利用して, 心電図や体重・排泄量等の生体情報を自動的に収集し, 実際の住宅における健康自動計測システムの性能評価等について検討した.

It is important to obtain information for detecting the diseases in its early stage and for keeping the health of the daily life. In this study, fully automated monitoring system of health status in daily life used at a pilot house called "Welfare Techno House(WTH)" was designed. This system was integrated with three monitoring devices of 1)body and excreta weight in lavatory, 2)electrocardiogram(ECG) in bathtub and 3)ECG in bed without utilizing body surface electrodes in a non-conscious manner at the WTH. For the evaluation of automated health monitoring system, we tried a long-term and continuous measurement to monitor health parameters on young and elderly subjects without disturbing ordinary daily life.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 100(190), 91-98, 2000-07-08

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5480358
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ