電灯線LANを用いた高齢者自立支援のためのネットワークシステム A Network System for Supporting the Independence of Elderly People using the Power Line Network

この論文をさがす

著者

    • 南部 雅幸 NAMBU Masayuki
    • 国立長寿医療研究センター 老人支援機器開発部 Department of Gerontechnology, National Institute for Longevity Sciences
    • 中島 一樹 NAKAJIMA Kazuki
    • 国立長寿医療研究センター 老人支援機器開発部 Department of Gerontechnology, National Institute for Longevity Sciences
    • 川原田 淳 [他] KAWARADA Atsushi
    • 富山大学工学部 電気電子システム工学科 Department of Electric and Electronic System Engineer, Faculty of Engineering, Toyama University
    • 田村 俊世 TAMURA Toshiyo
    • 国立長寿医療研究センター 老人支援機器開発部 Department of Gerontechnology, National Institute for Longevity Sciences

抄録

高齢者の自立生活を促進し、看護・介護の負担を軽減する目的で, 情報通信ネットワーク技術を用いた高齢者支援環境の構築を提案した.支援の対象となる高齢者の住環境・経済環境を考慮し, 新規の設備投資を最小限に留めるため, 本システムでは, 電灯線を用いたネットワークシステムを採用した.本研究では, 電灯線LANを既存の住宅へ実装する際の問題となる, 通信速度等の評価を行った.さらに, このネットワークを用いて高齢者の生体機能モニタリングを可能とするWWW上のアプリケーションとして, 遠隔心電モニタを開発し, 獲得したデータの転送に関する実験を行った.その結果, 本システムは, 従来の専用線を用いたネットワークシステムと等価な機能を有するという知見を得た.

In this paper, we describe the information network system for supporting the daily life of elderly people and for reducing the burden of care. Frequently, there is no space to add the wires in older homes inhabited by the elderly, and it would be expensive to develop a new network system. We therefore used the power line network. To evaluate the power line network, we developed the remote ECG monitoring system as WWW application, and we measured the time of transfer. The result showed this network system has the function equivalent to the traditional network system.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 100(99), 31-36, 2000-05-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287733
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5409152
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ