全周囲型VR装置を用いた遠隔手術環境の共有 An immersive communication support system for telesurgery

この論文をさがす

著者

抄録

遠隔手術おいては, 遠隔操作を行う術者側と遠隔地の手術室側で, 手術上重要な術野映像等の情報を共有することは必要不可欠であるが, それ以外にもロボットの動きの把握や遠隔地との意思疎通や状況把握のために, 手術室全体の映像や音声による環境情報を共有するなどの情報支援も必要である。本研究では、情報支援システムを含めた総合的な遠隔手術システムの構築を目的とする。本稿では情報支援の方法として環境情報の共有を考え, 環境情報共有システムとしては、術者の負担を軽減させるために全周囲型映像システムと立体音響を採用した全周囲型VRシステムを考えた。また, システムのプロトタイプを構築し評価実験を行った。

In telesurgery, it is mandatory to share image of operating field and clinical data both for a tele-operator and a remote operating room, and information supports such as sharing environmental information of a remote operating room is also important in order to understand a movement, of a robot and to communicate with a remote site and to understand a situation. In this research, the purpose is to construct the telesurgery system including the information support system. In this paper, we constructed and tested the prototype system adopting a whole surround image and sound system to give environmental information to a tele-operator without any action except for robot manipulation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 100(350), 121-128, 2000-10-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287779
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5565857
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ