ホールセンサを用いない軸流型血液ポンプ制御装置の開発  [in Japanese] Development of an Axial Flow Pump Driver without using a hall effect sensor  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

現在、軸流型血液ポンプ駆動源としてDCブラシレスモータを使用している。われわれは今まで、モータの位置と回転数をホール素子信号から測定し、制御を行ってきた。本研究では、ホール素子信号による制御から、モータ電線に生じる逆起電力を用いたセンサレス方式へ変更した。その結果、生理食塩水中での実験において、人工心臓用ポンプとして十分な流量および差圧を得ることができた。逆起電力を用いることでモータの回転を制御でき、回路を小型化できることが示された。

A brushless DC motor is used in an axial artificial heart pump. In the previous system the motor was controlled using Hall position sensors. In this study, the back-EMF signals are used to control the motor without using Hall effect sensors. The sensor-less control system could eject enough flow against normal arterial pressure. The control system is small enough to be implanted.

Journal

  • IEICE technical report. ME and bio cybernetics

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 101(406), 89-93, 2001-11-02

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003287973
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001320X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6012930
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top