地震電磁気現象の衛星観測について : 地震フロンティア研究とISTC(国際科学技術センター)プロジェクト Satellite Observation of Seismoelectromagnetics : Earthquake Remote Sensing Frontier Research and ISTC Project

この論文をさがす

著者

抄録

平成8年度より科学技術庁の主導で地震総合フロンティア研究が開始された。宇宙開発事業団では地震リモートセンシングフロンテイア研究としてSARインターフェロメトリによる地殻変動研究及び地震電磁気現象の研究を実施中である。特に後者は理化学研究所の実施する地震国際フロンティア研究と相互に補完するものである。また宇宙開発事業団ではISTC(国際科学技術センター)支援プロジェクトとして、IZMIRAN(地磁気、電離層及び電波研究所)を中心とした研究機関に対し、旧ソ連における地震電磁気研究の委託を実施中である。本件はこれら地震電磁気研究の現状を報告するとともに、現在検討中の衛星計画について述べる。

In response to "Earthquake Integrated Frontier Research" project of the Science and Technology Agency(STA), NASDA has decided to conduct an "Earthquake Remote. Sensing Frontier Research(ERSFR)" from 1996. This project is composed of two research projects, one is application of SAR interferometry technique and the other is observation of seismic electromagnetic which is closely connected with "Earthquake International Frontier Research" performed by RIKEN(Institute of Physical and Chemical Research). NASDA is also supporting ISTC(International Science and Technology Center) project which proposed by IZMIRAN(Institute of Geomagnetism, Ionosphere and Radio Propagation), that is a review of seismoelectromagnetic research in Russia. So these kinds of research and projects for satellite observation of seismoelectromagnetics are presented.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 97(244), 31-37, 1997-08-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003288646
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013301
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ