CDMA分散ネットワークにおける帯域割り当て法に関する基礎検討 A Study of Band Allocation Method for CDMA Distributed Network

この論文をさがす

著者

    • 都築 伸二 Tsuzuki Shinji
    • 愛媛大学工学部電気電子工学科 Department of Electrical & Electric Engineering,Faculty of Engineering,Ehime University
    • 長岡 輝男 Nagaoka Teruo
    • 愛媛大学工学部電気電子工学科 Department of Electrical & Electric Engineering,Faculty of Engineering,Ehime University
    • 田崎 三郎 Tazaki Saburo
    • 愛媛大学工学部電気電子工学科 Department of Electrical & Electric Engineering,Faculty of Engineering,Ehime University
    • 山田 芳郎 Yamada Yoshio
    • 愛媛大学工学部電気電子工学科 Department of Electrical & Electric Engineering,Faculty of Engineering,Ehime University

抄録

本研究では,マルチメディア通信を目的としたCDMA分散ローカルエリアネットワークにおいて、同時送信局数の監視と2段階プライオリティーの導入により,等時性の必要な局に優先的に伝送帯域を割り当てる方式(CDMA, PS方式)を提案し、コンピュータシミュレーションによりその性能を検討した。その結果、同時送信局数の監視により低いプライオリティ局の送信を抑圧することにより、ふくそう時でも、高いプライオリティ局の伝送帯域をできるだけ確保しつつ、低いプライオリティ局にも、可能な限り送信の機会を与えることができることがわかった。シミュレーションパラメータ中では,この時の得られた最大実効スループット(プロトコルのオーバヘッドを除いたもの)は0.56であった。

In this paper,for multimedia communication in a CDMA based distributed local area network environment,a protocol with a monitoring function of the simultaneous user number and two level transmission priorities is proposed.The protocol,referred to as CDMA, PS,assigns a prior bandwidth to stations sending the isochronous information.The monitoring function suppresses the lower priority station′s transmission under congestion situations. Its computer simulated performance is also presented here.The simulated results show that lower priority stations can send packets as much as they can while keeping the prior bandwidth during the congestion situations.The obtained effective total throughput,which excludes the protocol overhead,is 0.56.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SST, スペクトル拡散

    電子情報通信学会技術研究報告. SST, スペクトル拡散 94(206), 57-62, 1994-08-26

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003289571
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10345990
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ