SOR法における Ordering と収束率  [in Japanese] The convergence rates of the SOR methods with alternative orderings  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

偏微分方程式を有限差分法によって離散化し、得られた連立1次方程式をSOR法を用いて解くということがよく行われる。その際、未知数を通常とは異なるオーダリングで並べることにより、ベクトル計算機で実行速度を向上させるマルチカラー法と呼ばれる手法が使われることがある。本研究では、いくつかの異なるオーダリングによるSOR法の収束率の変化について調べた。その結果、通常のオーダリングに比べて、SOR法の収束率が変化する場合があることがわかった。特に、あるモデル問題において、通常とは異なるオーダリングによるSOR法に対する最適加速係数、およびそのときの収束率を理論的に求め、通常のオーダリングによるSOR法より収束が速くなることを示した

The SOR method for solving a linear system of equations arising from the discretization of partial differential equations is often used. The SOR method with alternative ordering is known as the method to suited to vector processors. In this paper, we show the SOR methods with some orderings change the convergence rates to compare with the SOR method with the usual ordering. We also investigate theoretically the optimal acceleration parameter and the optimal convergence rate of the SOR method with the alternative ordering for a model problem.

Journal

  • IEICE technical report. Nonlinear problems

    IEICE technical report. Nonlinear problems 96(72), 1-4, 1996-05-24

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003291753
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10060800
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS 
Page Top