電気接点での最大粘着力推定方法 Estimation of maximum coefficient of adhesion between electrical contacts

この論文をさがす

著者

抄録

小形の電磁継電器で発生する開離不能故障を防止することを目的として、試作したAu接点に接触力を印加した状態でしゅう動を与え粘着力の測定を行った。その際、接触面積を推定する目的でしゅう動前後および粘着力を測定するために接点を引き離していく途中で接触力がゼロになったときに接触抵抗の測定を行った。その結果から、しゅう動回数が増加しても接触面積がある値以上に増加しないことおよびこのときの接触面積を用いて計算した見かけの応力が結果的にミーゼスの降伏条件を満足することを示した。また、降伏応力、引張り強さおよび摩擦係数から粘着力を推定する方法を提案した。

In order to study the contact opening failure at small electromagnetic relays, the adhesive force between gold contacts was measured as a function of the number of sliding cycles and the contact force. Then, at the contact resistance also was measured to estimate contact area before sliding, after sliding and at zero contact force in separating motion. These measurements have shown that contact area did not increase more than a certain value even if the number of sliding cycles increased, and apparent stress which was calculated from contact area would satisfy the von Mises yield criterion. Moreover, the method of estimating the maximum coefficient of adhesion force from yield stress, tensile stress and frictional coefficient was proposed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EMD, 機構デバイス

    電子情報通信学会技術研究報告. EMD, 機構デバイス 97(329), 1-6, 1997-10-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003293136
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10383978
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ