FPGAによる海洋生物のための音声解析システムの実装 FPGA-based Sound Analysis System for the Marine Organism

この論文をさがす

著者

抄録

海中の生態環境は謎に包まれている部分が多く, 昨今工学的視点からその生態を探ろうという試みが多くなされている.現在我々はその手法の一つである, 自律型海中ロボットによる海中生物の調査を行っている.ターゲットとしている生物は, 捕食のために2000mもの深海に潜るとされ, 生態が明らかでないマッコウクジラである.本稿では, マッコウクジラの発する音声を解析するシステムをFPGAにより実装し, 個体識別と方位角, 俯角等の位置情報を推定する手法を提案する.

Many parts of sea environment are unclear, so a lot of research activities are trying to explore and analyze it with techniques of engineering. We are investigating the sea organism by the autonomous underwater vehicle which is one of the techniques. The organism we are targeted, is the Sperm Whale that goes underwater to 2000m for his own predation. In this paper, we implement the system with FPGA to analyze sound the Sperm Whale produces, and propose the method to classify individuals and to estimate the locational information as an angle of direction and depression.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術

    電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術 104(590), 19-24, 2005-01-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003295388
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7252701
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ