女性と判定された性同一性障害者(MtF)の声の基本周波数 Fundamental Frequency of Male to Female Transgenders'/Transsexuals' Voice Perceived as Female

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、男性から女性へ性転換を希望する性同一性障害者(Male to Female transsexuals=MtF)のために音声訓練(ボイス・セラピー)法を確立するために、日本文化圏で女声と判定される基本周波数(F0)の範囲を検討した。その結果80%以上女性と判定されたMtFのF0は180〜214Hzで、平均F0は193Hzとなり、欧米の先行研究より若干値が高くなった。180Hz以下では男声と判定される率が高くなる一方、平均値以上でも「男子の裏声」と判定される場合があり、高さだけでなく声の質も女声と判定されるためには重要であることが示唆された。

Vocal fundamental frequency (F0) of Male to Female transgenders/transsexulals (MtF) who's voice was judged as female was analyzed in order to establish the effective therapy for transsexual voice production. The vocal F0 of MtF judged as a female speaker ranged between 180 and 214Hz with 193Hz in average, which is higher than previous reports mainly made in the United States. MtF with F0 lower than 180Hz were judged as a male speaker. There are voice samples with F0 higher than the average judged by as male's falsetto. These results suggest that not only vocal F0 but also other aspects concerning voice quality are important for MtF to be perceived as a female speaker.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 102(749), 49-52, 2003-03-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003295636
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6553286
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ