WWW上での歌声による曲検索システム  [in Japanese] A WWW-based Melody Retrieval System  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では、WWW上で動作する、歌声の旋律からその曲のタイトルを検索するシステムについて述べる。歌声による検索では、入力の旋律情報(音高・音長)が正確とは限らないため、閾値によってそれらを粗い旋律情報に変換したものを検索キーとし、データベースの曲とのマッチングを行なう。しかし、このための適切な閾値の設定は難しく、特に音長情報においては、有効な検索キーを得ることが困難であった。また、粗い旋律情報では正答の絞り込みも難しい。そこで、本研究では(1)有効な検索キーを得るための最適な閾値を設定する手法、(2)データベースの曲から正答の曲の候補を精度良く絞り込むためのマッチング手法の2つを提案することで、従来手法よりも正答率の高い検索を実現し、WWW上で複数の利用者が活用できるシステムを構築できた。

This paper describes a WWW-based melody retrieval system which takes a sung melody as a query and retrieves the song name from a music database.In previous work, pitch information was mainly used as a clue while span information was not used effectively, and it was difficult to improve the matching accuracy by using only pitch information.We therefore propose the following two methods for effective matching.The first method can obtain the maximum quantity of information from pitch and span, and the second one reduces the answer candidates effectively.With these methods, we achieved higher matching accuracy than previous methods.

Journal

  • IEICE technical report. Speech

    IEICE technical report. Speech 97(560), 25-32, 1998-02-19

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003296093
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013221
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS 
Page Top