感情音声の合成 Synthesis of emotional speech

この論文をさがす

著者

抄録

よりよいインターフェースの実現を考えると、感情の伝達は重要である。本研究では、『怒り』『驚き』『悲しみ』『嫌悪』『喜び』の感情について、その表現を制御するパラメータとして話すテンポ、声の高さ、声の大きさを用い、それにより決定されるパラメータを用いて合成された単語音声から、各感情を知覚できるか検証した。結果として、『怒り』『嫌悪』『悲しみ』については85%以上の高い正反応率が得られ、合成に用いたパラメータ値が妥当なものであることが裏付けられた。一方、『喜び』と『驚き』については、韻律だけからその2つを区別することが困難であるとの仮説を得ることができた。4感情について、フランス人にとって自然な音声を新たに作成し、同様の実験を試みたが、言語によって感情パターンが必ずしも同一でないことが示された。

Emotional aspect plays an important role in user interface. We deal with five emotions that are"anger", "surprise", "sadness", "dislike"and"joy". We verify whether one can feel each emotion from speech of a word that is synthesized with characteristics of each emotion. Those characteristics are represented by three parameters of tempo, pitch and volume of speech. As a result, we get a correct answer with a high rate of 85% in"anger", "dislike"and"sandness". This result validates the value of the parameters for those emotions. On the other hand, in"joy"and"surprise", we hypothesize that it is difficult to distinguish these two emotions only by its peosody. Preliminary experiments in which four emotions are attached to a word by a native French show that emotion patterns are somewhat language dependent.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 98(462), 83-88, 1998-12-10

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003296842
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ