fMRIによる聴覚皮質の反応の測定 Responses of Human Auditory Cortices Measured with fMRI

この論文をさがす

著者

    • 森 浩一 MORI Koichi
    • 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所感覚機能系障害研究部 Department of Sensory and Communicative Disorders, Research Institute of National Rehabilitation Center for the Disabled
    • 外山 崇子 TOYAMA Takako
    • 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所感覚機能系障害研究部 Department of Sensory and Communicative Disorders, Research Institute of National Rehabilitation Center for the Disabled
    • 三井 真紀 MITSUI Maki
    • 埼玉大学大学院教育学研究科学校教育専攻学校教育専修幼児教育分野 Early Childfood Education, Graduate School of Education, Saitama University
    • 今泉 敏 IMAIZUMI Satoshi
    • 東京大学大学院医学系研究科認知言語医学講座 Department of Speech and Cognitive Sciences, Graduate School of Medicine, University of Tokyo
    • 志村 洋子 SHIMURA Yoko
    • 埼玉大学大学院教育学研究科学校教育専攻学校教育専修幼児教育分野 Early Childfood Education, Graduate School of Education, Saitama University
    • 中島 八十一 NAKAJIMA Yasoichi
    • 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所感覚機能系障害研究部 Department of Sensory and Communicative Disorders, Research Institute of National Rehabilitation Center for the Disabled

抄録

機能的核磁気共鳴画像法 (fMRI) は低侵襲なため、脳機能の局在の研究によく使われる。しがしながら大騒音 (93〜105dB SPL) を伴うので、音による反応を調べるには不向きとされている。MRI 装置内では磁性体が使えないため、音は非磁性のチューブ経由で聞くようになっているが、付属するイヤホンは 10dB 程度の防音効果しかない。そこで、イヤホンを挿耳型にして防音を改善し、連続ではなく間歇撮像で記録することによりほとんど騒音のない状態で音を聴取できるようにした。その結果、第一次聴覚野のある横側頭回 (Heschlgyrus) と聴覚連合野のある側頭平面の信号が、撮像騒音で飽和することなく検出可能であった。

Functional magnetic resonance imaging (fMRI) is one of the least intrusive methods for functional brain mapping. However, there accompanies high intensity pulsatile noise in the machinein producing magnetic gradients, which almost satulates brain vascular responses of the auditory cortices before any external stimulation, and hinders measurements of auditory responses. We managed to record evoked auditory cortical activities, especially in the primary auditory area (Heschl gyrus, or transverse temporal gyrus) evoked by simple sound stimuli in a 1.5 Tesla fMRI system, by using improved insert tube earphones and placing silent intervals between echo planer imaging sequences, during which auditory stimuli were clearly heard.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 98(639), 77-84, 1999-03-05

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297123
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ