ささやき声の音響特性と音声合成法 Acoustic Property and Synthesis of Whispery Voice

この論文をさがす

著者

抄録

ささやき声では、通常発声に比ベ低い周波数のフォルマント周波数が変化することなどが知られている。しかし、その原因はらかにされていなかった。本稿では、喉頭内視鏡やMRIを用いてささやき声における音声器官の変化を測定した。その結果をもとに電気回路によるささやき声のモデルをつくった。モデルによってささやき声のシミュレーションをおこない、ささやき声における周波数構造の変化の原因を明らかにした。また、得られた結果をもとにフォルマント型音声合成法における、ささやき声の精密な合成方法を提案する。

The lower formant frequencies of the whispery vowels are known to be a little higherthan those of the modal vowels. This paper attempts to clarify this phenomenon in terms of the articulatory and acoustic analysis during phonation of the whispery voice. Anatomical structure of the vocal tract was quantitatively measured by the MRI method and the laryngeal system was observed through a laryngeal endoscope. An electric circuit model of the vocal tract based on the measurements was built and sound propagation in the tract was calculated. The simulation with the model resulted in good agreement with the formant measurements from natural utterances. Synthesis method based on the simulation has shown to be able to produce natural sounding whispery vowels.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 99(73), 39-46, 1999-05-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297336
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4759141
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ