日米語の言語的制約が感情表現に及ぼす影響の音響的比較 : ピカチュウ vs pikachu Phonetic Constraints of Japanese and English Emotional Expressions in Children : Acoustic Analysis of /pikachu/ in Japanese and English

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では日米の幼児・児童を対象に、母語の音声的制約が感情表現に及ぼす影響の言語間差異を、日米同一の発話内容を用いて検討した。その結果、平静発話では母語の音声的制約を反映した特性が多くみられたものの、感情をこめることにより、FOピークの移行、音節長の延長なとの共通した傾向がみられた。しかしながら、母音の無声化率や音節長の制御の方略などは感情発話においても言語固有の特性を示した。

Phonetic constraints of Japanese and English emotional expressions in preschoolers and children were examined acoustically. The results showed that language-specific character istics can be seen in the neutral expressions. In their emotional expressions, similar tendencies were found in terms of FO peak transitions and syllable durations. However, the rate of devoicing for a high vowel and changes in syllable duration were emotion specific, depending on the native language.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 100(726), 47-54, 2001-03-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297954
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5748253
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ