ヤドリバエを模倣した微分検出型音源定位センサの理論と実験 Theory and Experiment of Sound Source Localization Sensor by Gradient-Detection with Mimicking Ormia Ochracea

この論文をさがす

著者

    • 小野 順貴 ONO Nobutaka
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, University of Tokyo
    • 斎藤 章人 SAITO Akihito
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, University of Tokyo
    • 安藤 繁 ANDO Shigeru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, University of Tokyo

抄録

ヤドリバエ(0rmia ochracea)は非常に小さな聴覚器官をもち,両耳強度差や両耳時間差が生じにくいにもかかわらず,優れた音源定位能力を有する。本研究では,超小型音源定位センサの実現を目指し,ヤドリバエの聴覚器官を模倣した音源定位センサについて論じる。まずヤドリバエの聴覚器官のモデル化により,1)中央支持型の振動板構造,2)逆相振動強調構造,による,微小な音圧勾配の検出機構がその要点であることを示し,これを2次元的に実現する振動板として,ジンバル構造型振動板を提案する。最後に試作したセンサと,これを用いた実験結果を示す。

The parasitoid fly Ormia ochracea shows a remarkable ability to detect the direction of an incident sound even though its acoustic sensory organs are in very close to each other, where the interaural differences in intensity and time can be extremely small. In this paper, we discuss a micro sound source localization sensor with mimicking the unique auditory organ of the fly. First, we show its key structures are 1) a center supported diaphragm, 2) an enhancement mechanism to reversed-phase vibration. Next we propose a gimbal diaphragm to realize these structures. Finally, we show our fabricated sensor and experimental results.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 101(745), 31-36, 2002-03-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003298710
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ