幼児・児童の感情表現における音響的分析 : 「ぴかちゅう」にこめられた感性情報 Acoustic Analysis of Emotional Expression in Children : Vocal Affect Expression in /pikat∫u/

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では音声による感情表現の発達的変化を解折した。3 ∼ 10歳の幼児・児童46名から、喜び、悲しみ、怒り、驚き、平静の5感情を「ピカチュウ」という単語音声で表現した音声を録音した。それらの内から、10名の成人聴取者による感情同定結果と話者の意図した感情が100%一致した132発話を選択して、基本周波数や時間構造を分析した。その結果、感情の主効果は多くのパラメータで有意であったものの、年齢の主効果は基本周波数と少数の時間的特性においてのみ有意であった。成人話者による感情表現と共通の音響的特性も多い反面、「怒り」などでは成人と異なる傾向も観測された。これらの結果は音声による感情表現の多くの特性がこの年代にすでに完成しているものの、感情によってはなお発達・変化していることを示唆している。

This paper describes developmental changes in vocal expression of emotions for children aged 3-10 years. Speech samples of /pikachu/ were recorded from 46 children when they tried to vocally express five basic emotions of joy, sadness, anger, surprise, and neutral. Acoustic parameters representing temporal characteristics and fundamental frequency contour were extracted from 132 samples for which the identification rates of speaker's emotion by 10 adult listening subjects were 100%. The two-way Anova showed that the main effect of emotion was significant for few temporal and F0 parameters. The results suggest that vocal expression of emotion becomes mature by the preschool ages, although some aspects are still developing.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 99(393), 1-8, 1999-10-28

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003298783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4910253
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ