OWL-S 1.1とエージェントによるウェブサービス実行 : エージェントはOWL-S 1.1を理解するか OWL-S 1.1 and Web Service Invoking by Agents : Can Agents Understand OWL-S 1.1?

この論文をさがす

著者

抄録

ロケット打上運用支援システムをセマンティックウェブサービスにより開発中である.我々は, タスクオントロジーはビジネスフローやオペレーション・タスクフローのパターン記述に相当し, OWL-Sをその仕様記述言語と捉える.エージェントはOWL-Sで記述されたタスクオントロジーをその時々の状況に即して正しく現実化し, 具体的な実行ウェブサービスシーケンスを生成・実行しなければならない.しかし最近出されたOWL-S 1.1仕様は, 必ずしもそのような要求に答えるものとは言えない.ロケット打上運用支援システムの開発において, 我々はメタプログラミング機能によりOWL-S仕様に従いつつ, エージェントがタスクの包摂概念を用いてOWLプロセス記述を実行時に状況に応じて動的に分解・実行することを実現したが, その経験を踏まえて, 最近のOWL-S 1.1仕様の問題点について議論する.

We are constructing Rocket Launching Support System by means of Semantic Web Services. The task ontology is considered as the description of pattern in business flow modeling and operation task flow modeling, and OWL-S is captured as the description language of the specification in such flow modeling. From the viewpoint, agents should instantiate the specification of task ontologies described in OWL-S on possible world states, adapting OWL-S specifications to the transient world states in reality, and generate the sequence of concrete web service invocation. However, the updated OWL-S 1.1 does not meet such requirements. In our project of Rocket Launching Support System, we have enabled for agents to expand abstract process specifications to the combination of atomic processes for web service invocations according to the world states using reflective programming. In this paper, we report the work and discuss the problems that OWL-S 1.1 embraces.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 104(588), 55-60, 2005-01-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003299434
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10386841
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7252582
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ