ストローク幅に着目した閾値可変型手書き宛名の切出し 認識アルゴリズム  [in Japanese] Handwritten Address Recognition Algorithm with Adaptive Threshold Depending on Character Stroke Width  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 井野 INO Hidefumi
    • 東北大学 大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Sciences, Tohoku Univ.
    • 孫 寧 SUN Ning
    • 東北大学 大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Sciences, Tohoku Univ.

Abstract

手書き郵便宛名を高精度に認識するには, 切出しの高精度化が重要な問題になっている. 従来, 郵便宛名を切出す手法には切出し・認識・後処理を組み合わせた方法が主に報告されているが, その殆どの場合, 単一の筆記具によって書かれた文字を対象としている。そのため, 射影ヒストグラムから文字の切出し候補位置を決定する際に固定閾値が用いられている. しかし, 年賀状のような郵便宛名には, 様々なストローク幅の文字が存在し, これらの方法をそのまま適用するには限界があると考えられる. 本稿では, 宛名のイメージ情報からストローク幅を推定し, 射影ヒストグラムから文字の切出し候補位置を決定する際にそれを用いて閾値を変化させる閾値可変型切出し法を提案する. 提案法を用いて, 郵政研究所が配布した郵便宛名データを対象に認識実験を行い89.4%以上の正解率を得た. 本稿では提案法及びそれを用いた認識実験を中心に報告する.

In handwritten address recognition, it's important to segment characters correctly. The conventional methods mainly used fixed threshold to segment characters from handwritten address image. The problem of those methods is that they can not cope with variable stroke width of handwritten characters. In this paper, we propose a new algorithm in which adaptive threshold is used depending on the stroke width of character image. As a result, this algorithm obtained a high recognition rate of 89.4% for 321 test samples, distributed by Institute for Posts and Telecommunication Policy, MPT.

Journal

  • IEICE technical report. Pattern recognition and understanding

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding, 37-42, 1995

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003299628
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013232
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top