局所フラクタル次元を用いた2次元成長導電性高分子のパターン解析 Pattern Analysis of Two-dimensional Conducting Polymer using Local Fractal Dimension

この論文をさがす

著者

    • 藤井 雅治 FUJII Masaharu
    • 愛媛大学工学部 Faculty of Engineering, Ehime UniversityFaculty of Engineering, Ehime UniversityFaculty of Engineering, Ehime UniversityFaculty of Engineering, Ehime University

抄録

導電性高分子は重合条件によっては、容器底面に2次元的に重合される場合がある。得られるパターンはフラクタル性を示す。パターンの重合条件依存性を利用すれば、導電性高分子のネットワークを作ることができる。このネットワークの素子化を考えた場合、そのパターンが重合条件/環境条件に依存するため、パターンを数値的に評価することは非常に重要である。この評価法として局所フラクタル次元を導入し、評価が可能であることを示した。

Two-dimensional conducting polymer has been prepared electrochemically on the surface of the vessel. The obtained pattern can be estimated by frctal dimension. The pattern depdends on the polymerization/environmental conditions. The numerical estimation of the pattern is important to develop the network device of 2-D conducting polymer. The local fractal dimension analysis has been used to estimate the pattern of 2-D conducting polymer.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 103(317), 37-42, 2003-09-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003300402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6735222
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ