導電性高分子を用いたネットワーク素子の開発 Development of Network Device of Conducting Polymer

この論文をさがす

著者

抄録

導電性高分子ネットワーク素子開発のための学習効果について調べた。複合導電性高分子フィルムでは液相ドープ中の信号の有無がエタノール滴下により導電率の違いとして現れることが示された。この特性を利用することにより導電性高分子ネットワークに学習効果を付加できることを実験的に示した。この時,導電性高分子ネットワークは3重構造となっている。さらに,交流信号が流れた場合について導電性高分子フィルムを用いて考察している。

The learning effect of the network conducting polymer has been investigated to develop a new device. The conductivity of the composite conducting polymer has depended on the signals which passed through the path of the conducting polymer in the solution with dopant. After dropping the droplet of ethanol, the conductivity has changed. The learning effect can add to the network of triple-layer conducting polymer. It has been also investigated that the learning effect works under alternate signals.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 104(289), 35-39, 2004-09-03

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003300510
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7122540
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ