電解重合法を用いたニューロン型導電性高分子デバイス作成のためのパス部制御 Control to the weight of the path to depelop a neuron-like conducting polymer device prepared electrochemically

この論文をさがす

著者

抄録

電解御重合法を用いてニューロン型導電性高分子デバイスを開発するために必要な学習機能を付加する方法について基礎的な実験を行った。ネットワークを形成させ、第3電極を用いてパス部の制御を行なった。また、導電性高分子のゲルの性質を利用した方法についても調べた。フィルムを使って基本的特性を確認し、さらに、簡易ネットワークを作りその動作について調べた。

In order to develop a new device of neuron-like conducting polymer prepared eletrochemically, two methods to control the weight of the path between network conducting polymer have been invesigated : one method uses the third electrode. Another uses the characteristic of the gel of conducting polymer. i Furthermore, A characteristic of an artificially simple network of conducting polymer gel is investigated.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 100(286), 19-24, 2000-09-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003301238
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5516801
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ