導電性高分子ゲルの液相ドープを用いた学習効果 Learning effct of neuron-like conducting polymer gel device using doping in liquid

この論文をさがす

著者

抄録

ニューロン型導電性高分子デバイスの開発においてネットワークパスの重みを制御する方法は重要である。教師信号に応じてパスの重みを変化さす方法として導電性高分子のゲルの性質を利用した。導電性高分子ゲルを液相ドープしながら教師信号を流し、その後、貧溶媒に浸すことにより、教師信号の有無が判定できるか否かを調べてきた。今回、複合導電性高分子ゲルを用いてその有用性を調べた。また、この導電性高分子のパターンは環境条件依存性が高いため、環境パラメータとして形状に付加できることを示すとともに、その成長過程のシミュレーションを行なった。

A method to control a weight of a network pass is important in development of a neuron-type conductiing polymer device. The property of the gel of the conducting polymer was utilized as this method. By soaking the conducting polymer gel in the poor solvent, whether the conducting. In this paper, this method ihas been investigated using a compound conducting polymer. The growing process was simulated, since the pattern of conducting polymer depends on the environmental conditions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    電子情報通信学会技術研究報告 101(103), 11-16, 2001-06-01

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003301327
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5835048
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ