導電性高分子を使った簡易ネットワークへの学習効果付加 Learning effect of simple network of conducting polymer

この論文をさがす

著者

抄録

導電性高分子を電解重合する時、ニューロンのようなフラクタル成長をするものが得られる場合がある。この成長パターンは重合条件に依存する。この導電性高分子はネットワーク状に接続可能である。この導電性高分子のネットワークに於いてパス部に学習あるいはメモリー効果を付加することが可能であれば、形態もパラメーターに含む新たにデバイスが作製できる。本研究ではパス部の通電電荷量に応じて導電率制御するために導電性高分子ゲルを用いた。また簡易ネットワーク状フィルムを作成し、実際のネットワークに近い形態での導電率制御を試みた。

Conducting polymers with fractal patterns have been prepared electrochemically under some polymerization conditions. Furthermore these polymers are connected each other by the change of polymerization conditions during the growing process. If the conductivity of the path in the conducting polymer network changes with the amount of the electric charge that flows in the path, neuron-like conducting polymer device can be proposed. Conducting polymer gel has been used to control the conductivity of the path. A simple network of conducting polymer has been prepared to investigate the control of weight of the path.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 102(47), 1-6, 2002-05-08

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003301419
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6186805
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ