スーパーコンティニウム光源を用いたWDMミリ波帯光ファイバ無線システム : AWGの自由スペクトル間隔を利用したWDM信号の多重分離実験 WDM Millimeter-Wave-Band Radio-on-Fiber Systems Using a Supercontinuum Light Source : Demultiplexing Experiment of WDM Channels Using a Free Spectral Range of AWG

この論文をさがす

著者

抄録

将来の大容量化に向けた波長分割多重(WDM)ミリ波帯光ファイバ無線(RoF)システムにおいて, 我々はこれまでにスーパーコンティニウム(SC)光源を多波長光源として用いることを提案してきた.本稿では, 各基地局に向けて合分波を行うノードに, アレイ導波路回折格子(AWG)の自由スペクトル間隔(FSR)を積極的に活用することで, SC光源出力の多数の光周波数を効率良く利用できるダウンリンクRoFシステムを提案する.実験で, 自由スペクトル間隔(FSR) 0.8THzのAWGを利用し, 2チャネルWDMミリ波帯RoF信号を25kmの単 モードファイバ(SMF)に伝送させた結果, 符号誤り率10^<-9>以下を得た.

We have proposed the use of a supercontinuum (SC) light source in wavelength-division-multiplexed (WDM) millimeter-wave-band (mm-wave-band) radio-on-fiber (RoF) systems. In this report, we investigate a demultiplexing technique of WDM channels effectively using a free spectral range (FSR) of arrayed-waveguide-grating (AWG) in a remote node of the WDM mm-wave-band RoF system. The delivery of 2-channel WDM 60-GHz-band RoF signals transmitted over a 25-km-long standard single-mode fiber (SMF) is experimentally demonstrated utilizing AWG with the FSR of 0.8-THz.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス 105(182), 13-16, 2005-07-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003303791
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442691
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7386645
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ