拡大画像から署名情報を検出できる2次元スミア変換を用いた電子透かし法  [in Japanese] Digital Watermarking Method using Two-dimensional Smearing-Desmearing Transform to detect Signature Information in Enlarged Image  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年, インターネットの普及に伴い画像や音楽などのディジタル著作物がネットワーク上に公開されるようになった.それに伴いそうしたディジタル著作物が不正にコピーされる危険性が増大している.そこでディタル著作物に対して著作者の情報などを目立たないように埋め込む電子透かしの技術が注目されている.本論文では, 拡大された画像からでも署名情報が検出できる2次元スミア変換を用いた新しい電子透がし法を提案する.提案する本手法は, 従来とは異なる方法で拡散係数を定めた2次元スミア変換を用いることにより拡大された署名埋め込み画像から署名情報を検出できるようになる.計算機実験により本手法が, 拡大画像処理に耐性をもつことを具体的に示しその有効性を明らかにする.

We propose the new digital watermarking method using two-dimensional smearing transform to detect information in magnified image. This method can be detected signature information from enlarged image included it by using two-demensional smearring-desmearing transform, of which new smearing-desmear coefficients are defined. Finally, we present the efficacy of this method.

Journal

  • Technical report of IEICE. RCS

    Technical report of IEICE. RCS 101(544), 105-111, 2002-01-03

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003305984
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10060822
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6072992
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top