980nm InGaPクラッドレーザに於けるビームステアリング現象 Experimental study of beam steering phenomenon in 980nm InGaP cladding lasers

この論文をさがす

著者

抄録

InGaPをクラッド層とする980nmレーザは、注入電流を増加させていくと、水平方向ビームが左右ヘシフトするビームステアリング現象が見られる。我々は、この現象を基板裏面からのエレクトロルミネッセンス(EL)観察により直接確認した。ビームステアリングを起こしたレーザは、ELが活性領域に沿って左右に周期的に分離し、この周期は、等価屈折率法を用いて求められる伝搬定数差でほぼ記述できることが判った。光導波路として高次モードのカットオフ条件を満たしたレーザは、この周期構造が消失し、同時にビームステアリングも抑制された。

Beam steering phenomenon was directly observed by electroluminescence in 980nm InGaP cladding power lasers. The electroluminescence of the lasers which showed lateral beam steering had periodic pattern along the active region, which was supposed to be due to spatial hole burning. The period of this pattern was roughly estimated using the effective refractive index method. The lasers satisfying the cutoff condition of higher lateral mode had no periodic pattern of the electroluminescence.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス 95(294), 15-20, 1995-10-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003307513
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442705
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ