高密度ディジタル磁気記録のための信号処理技術  [in Japanese] Signal Processing Technologies for High Density Digital Magnetic Recording  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年, ディジタル記録機器の高密度化の要望は高まる一方である.本論文では, 対象を磁気ディスク装置やディジタルVTRなどのディジタル磁気記録機器に限定し, その高密度化を図るための手段としての信号処理技術について述べる.まず, その基礎となるパーシャルレスポンス方式, ビタビ復号法, PRML(Partial Response Maximum Likelihood)方式について詳述する.次いで, 長手磁気記録において最近盛んに検討されている各種信号処理方式について概観する.また, 高密度記録となるほど誤り率特性劣化の要因となるパーシャルイレージャ等の非線形ひずみを考慮した非線形ひずみ対応信号処理方式についても, 最近の研究動向を踏まえた検討を行い, 各種方式の性能評価を行う.更に, 将来の高密度記録方式として期待されている垂直磁気記録のための信号処理方式についても触れる.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C-(0xF9C1)

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C-(0xF9C1) 00081(00004), 195-214, 1998-04-20

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  97

Cited by:  13

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003307837
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10071283
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151893
  • NDL Article ID
    4469776
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-607
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top