周波数帯域における音響エコー経路の変動特性を反映させたサブバンドESアルゴリズム Subband Echo Canceller with an Exponentially Weighted Stepsize NLMS Adaptive Filter

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 従来のNLMSアルゴリズムと同等の演算量と記憶容量で収束速度が約2倍の, 新しいエコーキャンセラ用適応アルゴリズムを提案するものである. サブバンド ES (exponentially weighted stepsize) アルゴリズムと名づけたこの適応アルゴリズムでは, 受話入力信号とエコー信号を複数の周波数帯域に分割し, それぞれの周波数帯域で独立にエコーを消去するサブバンドエコーキャンセラにおいて, それぞれの周波数帯域に設けた適応形トランスバーサルフィルタのそれぞれの係数に対して, 異なるステップサイズを用いている. これらのステップサイズは時不変で, その周波数帯域における室内インパルス応答の変化分, 例えば二つのインパルス応答波形の差, の期待値に比例して指数的に重み付けられている. その結果, 各周波数帯域における音響エコー経路の変動特性の違いを適応アルゴリズムに反映させ, 収束特性を改善することができる. ここでは, 室内音場のインパルス応答データを用いた計算機シミュレーション, およびDSPで構成した実験装置を用いた実時間評価実験を行い, NLMSアルゴリズムを用いた従来のフルバンドエコーキャンセラに比べて, 音声入力に対する収束速度を約4倍にできることを明らかにする.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 00079(00006), 1138-1146, 1996-06-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003312459
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135707
  • NDL 記事登録ID
    3985413
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-605
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ