時変信号のための数値的に安定なRLSアルゴリズムの提案  [in Japanese] Numerically Stable RLS Algorithms for Time-Varying Signals  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

適応信号処理において, 逐次最小2乗アルゴリズムがLMSアルゴリズムほどよく使われない理由の一つは, 有限精度演算環境下でのアルゴリズムの不安定さである。すなわち, LMSアルゴリズムにおいては数値的に安定であるleaky LMSアルゴリズムが提案されている。本論文では, 逐次最小2乗法の評価関数に係数のエネルギーを表す項を積極的に導入することで, 数値的に安定な逐次最小2乗アルゴリズムを導く。実験結果より, 提案する適応的アルゴリズムは従来の評価関数から得られる適応的アルゴリズムより, 数値的に安定であることが示される。

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 00081(00001), 33-43, 1998-01-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  13

Cited by:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003312577
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135707
  • NDL Article ID
    4391519
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top