遺伝的アルゴリズムを用いたチャネル配線の試み An Attempt to Solve Channel Routing Using Genetic Algorithm

この論文をさがす

著者

抄録

近年,研究が盛んになっている遺伝的アルゴリズムは,生物の進化のメカニズムである「自然淘汰」を模倣した探索アルゴリズムである.本論文では,LSIの内部配線であるチャネル配線問題を遺伝的アルゴリズムで解くための一つの接近法を提案し,実験結果を示す.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 76(9), 1376-1379, 1993-09-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003312957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09135707
  • NDL 記事登録ID
    3837666
  • NDL 刊行物分類
    ND57(電子工学--集積回路)
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-605
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ