線形予測符号化と複合正弦波モデル化の対称性  [in Japanese] Symmetry between Linear Predictive Coding and Composite Sinusoidal Modeling  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 嵯峨山 茂樹 SAGAYAMA Shigeki
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 板倉 文忠 ITAKURA Fumitada
    • 名古屋大学抱くが韻工学研究科 Department of Information Electronics, Graduate School of Engineering, Nagoya University

Abstract

線形予測符号化(LPC)分析と複合正弦波モデル化(CSM)分析の間にあるエレガントな関係(ここではこれを対称性と呼ぶ)について述べる.目的は, LPC, PARCOR, CSM, 線スペクトル対(LSP)などの音声スペクトルモデル化の理論に統合的な視点を与えることにある.これらの分析法はいずれもモデルの自由度に等しい個数の低次の自己相関関数を与えられたとき, モデルのパラメータを求める問題となっているが, LPCもCSMも、直交多項式の理論の観点から見ると, 音声のパワースペクトル密度関数を重み関数として定義される単位円周上の直交多項式の理論(LPCの場合)及び実軸上の直交多項式の理論(CSMの場合)であり, 定式化, 各種のパラメータの定義, 解析アルゴリズムなどに関して美しい対称性が成り立つ.また, 直交多項式の観点からLSPに対して新しい解釈を与える.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 00083(00011), 1244-1255, 2000-11-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  26

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003313884
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135707
  • NDL Article ID
    5580594
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top