初動が緩慢な波動現象開始時点の精密同定 : Pi2型地磁気脈動オンセットタイムの決定法  [in Japanese] Two Methods of Pi2 Onset Time Determination with Information Criterion Based on the State Space and Bayesian Modelings  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Pi2型地磁気脈動とは地球磁気圏内で観測される波形が不規則な周期40?150秒の準周期的脈動で,初動部分が緩慢な変動をする特徴をもつ.地上磁場変動中で確認されるこの現象は,いまだにその開始時刻(オンセットタイム)の有効な決定法が確立していない.そこで本論文では,これまでの決定法の問題点を克服し,客観的かつ定量的にPi2のオンセットタイムを決定するために最ゆう法とベイズ推定を用いて構築した2種類の手法について述べる.一つ目の手法は,Pi2を準周期的波動成分を近似する確率差分方程式で表し,その成分を含むモデルと含まないモデルの最適分岐点,つまり波動成分(=Pi2)の開始点を情報量規準を用いて求めるものである.二つ目は,中・低緯度で観測された地上磁場変動のデータについてその値が急激に増加する点をオンセットタイムとみなすもので,磁場変動データの差分値に傾きをもった直線をあてはめ情報量規準で評価していき,最初に正の変動を示す点を決定した.この2種類の手法から求まるそれぞれのオンセットタイムの時間差からヒストグラムを作ったところ,Pi2には初助成分が存在することが確認された.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A 87(12), 1502-1510, 2004-12-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  31

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003314014
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135707
  • NDL Article ID
    7178694
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top