対話同時通訳コーパスの構築とその特徴分析 Construction and Analysis of Simultaneous Interpreting Corpus on Dialogues

この論文をさがす

著者

抄録

自然な多言語コミュニケーション支援環境の提供を目指し,近年,音声同時通訳に関する研究が行われている.しかし,異言語間対話に同時通訳システムを用いる効果の程度については必ずしも明らかではない.本稿では,実際の同時通訳者による発声データを用いて,同時通訳を介した対話の特徴を,逐次通訳を介した場合との間で比較することにより分析する.本研究では,名古屋大学同時通訳音声コーパス(2001年度版)の日英対訳対応データを用いて,対話の効率及び結束性の観点から定量的分析を行った.その結果,異言語間対話への同時通訳の導入が,対話時間及び話者の待ち時間の大幅な短縮に有用であることを確認した.

In recent years, there have been studies on simultaneous machine interpretation to develop the environments for supporting multilingual communications. How much the simultaneous interpretation works effectively for cross-language conversation, however, needs to be made. This paper describes the characteristic features of dialogues through simultaneous interpreting, comparing with those through consecutive interpreting. We have investigated them using CIAIR simultaneous interpreting corpus (version 2001). As a result, we have confirmed that simultaneous interpretation is effective for increasing the efficiency and cohesion significantly.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 102(412), 5-10, 2002-10-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003314156
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    025937063
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ