手話の表記法とテキストレベルの日本語-手話機械翻訳システムの試みについて Notational System for Sign Language and the Trial of Machine Translation from Japanese Text to Sign Language Text

この論文をさがす

著者

抄録

手話には今のところ文字がなく,テキストとして書き取る標準的な方法がない.我々は手話を書き取るための手話の表記法について検討している.また,日本語テキストから手話テキストヘの機械翻訳システムjaw/SLの構築を試みている.jaw/SLは,我々が提案する表記法による手話テキストを出力とする.

As yet there is no standard way of writing sentences in a signed language. We are now defining a notation system for writing sign language. We are also trying to construct jaw/SL, a machine translation system from Japanese text to sign language text. Jaw/SL outputs sign language text in our notation system.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 104(316), 7-11, 2004-09-10

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003314255
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7121785
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ