幼児児童と成人による感情表現の音響的比較 : 「ぴかちゅう」発話による言語的制約と感情表現の関係 Acoustical Comparison of Vocal Affect Expression between Children and : Phonetic and emotional constraints in affective utterances of /pikachu/

この論文をさがす

著者

抄録

就学前後の幼児・児童と成人を対象に、音声による意図的感情表現と語の音勢・言語的制約の発達的変化を検討した。人気アニメ「ピカチュウ」の感情表現を被験者が行った音声から、発話長、音節長、FO構造を解析した。時間構造及びアクセント型に関しては幼児から成人にかけて発達的変化が観測された。成人のFO概形は就学前児のそれにより近いものになった。これらの結果は、感情表現と語の音声的制約の関係が発達的に変化するものであり、「ピカチュウ」という共通の感情表現にも年齢に応じた解釈と表現の変化があることを示す。

Developmental changes in intentional vocal affect expressions are examined for preschool, school child and adult speakers. Emotional utterances of /pikachu/, a famous TV character, were recorded from each subject and analyzed. The syllable duration as well as FO contours significantly varied depending on emotion and age, although the FO patterns of adults were close to those of preschoolers rather than schoolage children. These results suggest that the phonetic and emotional constraints in affective utterances developmentally change.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 100(335), 25-32, 2000-10-05

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003314381
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5566507
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ