CIAIR同時通訳データベースの構築と利用 Construction and Utilization of CIAIR Simultaneous Interpretation Corpus

この論文をさがす

著者

抄録

名古屋大学統合音響情報研究拠点(CIAIR)では,マルチリンガルコミュニケーション支援環境の実現を目指し,世界最大規模の同時通訳データベースの構築を行っている.データには時間タグや談話タグが付与され,同時翻訳技術の開発のみならず,同時通訳者の訳出方略構築などの基礎データとしても有用である.本論文では,名古屋大学CIAIR同時通訳データベースの設計,構築,分析について概説し,本データベースの様々な利用可能性を示す.

This paper describes the design, analysis and utilization of the simultaneous interpretation corpus, which has been constructed at the Center for Integrated Acoustic Information Research (CIAIR) of Nagoya University in order to promote the realization of the multi-lingual communication supporting environment. The discourse tag and the utterance time tag were given to the corpus. Therefore, the corpus is expected to be useful not only for the development of simultaneous interpreting systems but also for the construction of an interpreting theory.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 104(170), 7-12, 2004-07-02

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003314460
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7068246
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ