ATMネットワークにおけるデータベース移動のためのデータベース位置管理手法 Location Management for Database Migration in ATM Networks

この論文をさがす

著者

    • 原 隆浩 HARA Takahiro
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University
    • 春本 要 HARUMOTO Kaname
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University
    • 西尾 章治郎 NISHIO Shojiro
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University

抄録

広帯域ネットワーク上では, データベース全体の移動も短時間に行えるため, データベースの移動をデータベース技術の一つとして用いることが有効である. データベースが分散システム内を移動する環境では, データベースへのアクセスを保証するためにデータベースの位置管理が必要になる. 本論文では, このような環境におけるデータベースの位置管理手法について論ずる. まず, これまでに提案されている移動体の位置管理手法や分散システムにおけるデータ項目の位置管理手法を応用した手法を考え, その後, ATMネットワークの特徴を考慮した新たな手法を提案する. そして, シミュレーションによって, これらの手法をデータベース操作のための通信所要時間の観点から比較する. そこで得られる結果は, さまざまな形態のシステムにおいて, 最適な位置管理手法を同定するための指標となる.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-1, 情報・システム 1-コンピュータ

    電子情報通信学会論文誌. D-1, 情報・システム 1-コンピュータ 00080(00002), 137-145, 1997-02-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003315375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10071319
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151915
  • NDL 記事登録ID
    4148507
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ