超並列計算機に向き結合網:RDT  [in Japanese] RDT : An Interconnection Network for Massively Parallel Computers  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

2^<16>以上のプロセッサ数をもつ超並列計算機用の結合網RDT(Recursive Diagonal Torus)を提案する.RDTは2次元トーラスの対角線方向に再帰的にリンクを付加することにより,ハイパキューブに比べ,小さなリンク数(ノード当り8)で小さな直径(16Kノードで12)を実現する.パケットはベクトルルーチングと呼ばれる簡単なアルゴリズムによりルーチングされる.RDTは,トーラスを内臓するほか,ハイパキューブやトリーのエミュレーション,パケットのブロードキャスト等を容易に実装することができる.代表的なパケット転送方式をとった場合のランダム転送能力を評価した結果,リンク数の多いハイパキューブには及ばないが,2次元,3次元トーラスに比べ,良好な結果を得た.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00078(00002), 118-128, 1995-02-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  18

Cited by:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003315432
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10071319
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151915
  • NDL Article ID
    3593206
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top