OODBMSを用いたASN.1データベースの実現とその評価 Implementation and Evaluation of an ASN.1 Database on OODBMS

この論文をさがす

著者

    • 春本 要 HARUMOTO Kaname
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University
    • 塚本 昌彦 TSUKAMOTO Masahiko
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University
    • 劉 渤江 [他] LIU Bo-jiang
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University
    • 西尾 章治郎 NISHIO Shojiro
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Osaka University

抄録

近年のネットワーク環境の浸透により,多種多様なデータが計算機間で頻繁に交換されるようになってきた.交換されるデータの構造およびその表現形式を計算機のアーキテクチャに依存しない形で定義するための言語として抽象構文記法1 (ASN.1: Abstract Syntax Notation One)がある.ASN.1を利用するアプリケーションは年々増加しているが,一方でこのようなアプリケーションにおけるデータの蓄積および管理には,アプリケーションごとに異なる方法がとられているため,開発効率を下げる要因となっている.本論文では,オブジェクト指向データベース管理システムがもつデータの蓄積・管理機能を,ASN.1をデータ構造定義のベースとするアプリケーションから容易に利用できるようにするためのASN.1コンパイラの実現方法について述べる.このASN.1コンパイラを用いれば,アプリケーション仕様で与えられたASN.1記述に対していくつかのコンパイラ指令の記述を付加することにより,容易にデータの蓄積・管理機能が利用できるようになる.また,その評価のために,OSIディレクトリにおけるディレクトリ情報ペース(DIB)を構築し,実用レベルのデータベースアクセス時間が得られることを示した.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-1, 情報・システム 1-コンピュータ

    電子情報通信学会論文誌. D-1, 情報・システム 1-コンピュータ 00079(00011), 975-983, 1996-11-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003315626
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10071319
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151915
  • NDL 記事登録ID
    4086720
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ