組合せ回路における冗長故障の判定法に関する考察  [in Japanese] A Study for Identification of Redundant Faults in Combinational Circuits  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

効率の良い冗長故障の判定法はテスト生成において有用である.筆者らは先に小論で, FIREアルゴリズム[12], [13]の分岐元信号線に対する処理と目標故障の解析からなる組合せ回路の冗長故障の判定法を提案した[17].しかしながら, 提案した方法はFIREより多くの冗長故障を判定するが, その処理時間に問題が残っていた.本論文では, 更に多くの冗長故障を判定するため, 目標故障の解析における含意操作を強化し, また処理の高速化を行うため, 分岐元信号線に対する処理と目標故障の解析に並列含意操作を導入する.次に提案する手法をプログラム化してベンチマーク回路に適用し, その有効性を評価する.実験結果は, 提案する手法が従来の手法より多くの冗長故障を高速に判定できることを示している.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00081(00010), 1149-1156, 1998-10

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  20

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003316036
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10071319
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151915
  • NDL Article ID
    4589823
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top