次世代テレビに関する最近の動向とユーザ側より見た半導体技術への期待 Current Status of Future Television System Divelopment

この論文をさがす

著者

抄録

次世代テレビジョン放送に関する最近の動向について簡潔に紹介する。特に重要な動きはMPEGでの規格化、米国ATVでの地上ディジタルテレビ放送の標準化に向けたグランドアライアンス、我が国に於けるMUSEによるハイビジョン放送の実施等である。また、特にLSI開発に関係が深い重要な要素的技術の中で最近話題になっている幾つかに関して、概要を説明する。DCT、MC-DCT、誤り訂正符号、符号化変調方式、MUSEの高画質化等はいずれもVLSIの開発なくしては実用化しえない。最後にシステムサイドから、半導体開発への期待と若干の希望を述べる。

Current status of development for future television broadcasting systems are described.Hi-Vision broadcasting has already been started in Japan.In the United States,digital terrestrial broadcasting system will be standerdized in the future.It is not clear in Europe.MPEG-II is now in the stage of system freezing. Some important current technical topics and technologies are also described.Some important technologies are DCF,Hybrid DCT coding,error correction coding,coded modulation,improvement of MUSE system and so on. Some possible requirements for VLSI development are also stated.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 93(288), 1-8, 1993-10-22

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003316895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013276
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ