奥行き計算を要しない運動物体検出モデル A model that can detect really moving objects without depth computation

この論文をさがす

著者

抄録

動きながら外界を観察する場合,網膜像のイメージフローには、実際に運動する物体によるフローだけでなく身体の運動によって生じる見かけのフローも含まれる.しかし,このような状態でも人間はどの物体が実際に運動しているかを瞬時に判断することができる.この知覚現象に関係する実験がいくつか行われている.これらの知見から,生体が身体の運動情報を用いて,実際に運動する物体を抽出するメカニズムを持つことが示唆される.著者らはこれまでに網膜像のイメージフローの幾何学的解析を基に,視覚系における運動物体の検出に対する基本的な計算モデルを提案した.以後,このモデルを基本モデルと呼ぶ.基本モデルの全体的な構造と動作はこれまでに得られている知見と矛盾しないが,このモデルでは奥行きの正確な値が瞬時に計算されることを仮定していた.視覚系の奥行きの計算に関する計算論的研究から,奥行きの正確な値を計算するためには反復計算が必要であることが一般に知られている.生体の運動物体の検出機能は高速で作動すると考えられるので,この機能は奥行き計算の精度に依存しない演算によって実現されていると考えられる.本研究ではこの点を踏まえて,生体の運動物体検出の情報処理モデルとして,さらに妥当性の高いモデルを提案する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 1996年.情報・システム, 503, 1996-09-18

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003336799
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10489017
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ