剛体の速度ベクトルを検出するニューラルネットワーク A Neural network that can detect the velocity vector of a rigit object

この論文をさがす

著者

抄録

大脳にはローカルな運動検出器により険出した多様な速度ベクトルを剛体毎に統合し,実際の動きを正しく知覚するメカニズムが存在すると考えられる.本研究ではローカルに検出された運動を統合し,剛体全体の動きを正しく検出するニューラルネットワークを提案する.過去に我々の一人が点刺激の移動を検出できるモデルを提案した.このモデルは動く点刺激に対して一つの方向かつ一つの速度に対して選択的に応答する.このモデルを2次元空間に配置することによって可能性のある点の移動を全て検出し,それらの情報を統合することによって剛体全体の速度ベクトルをニューラルネットワークを用いて計算する方法を提案する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会秋季大会講演論文集

    電子情報通信学会秋季大会講演論文集 1994年.情報・システム, 444-445, 1994-09-26

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003339378
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398476
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ