衛星通信を用いたマルチサイト研究会に関する一考察  [in Japanese] A Note on Multi-Site Conference Employing Satellite Communication  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

6月16日に群馬大学において、本会の交換システム研究会、衛星通信研究会、第3種(ネットワーク理論とディジタル移動体通信研究会)の合同研究会が行なわれた。初の試みとして衛星通信を用いて群馬大学、東北学院大学、早稲田大学、大阪市立大学、愛媛大学とを接続し、会場での発表を各大学に放送して質疑を各大学から受ける一方、他会場からの発表も4件あり双方向での研究発表交換会となった。本稿では研究発表とその質疑応答とを衛星を通じて行なう場合とそうでない場合とで画像、音声、違和感などの比較をアンケート調査により行なう。また、発言局切替方式として捕捉効果を用いた接統切替の実験とその評価を行なう。

Journal

  • 信学秋大, 1994-09

    信学秋大, 1994-09, 201, 1994

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003339604
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10398476
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top