2段階最近傍探索手法における記憶の複雑さの改善  [in Japanese] Improvement on the Storage Complexity in Two-Step Nearest Neighbor Search Algorithm  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

スカラ量子化器を前置量子化器として用いた2段階探索手法においては, 前段のスカラ量子化によって, 最近傍となり得る候補の符号語の集合を絞り込む. これによって, 後段の最近傍探索の計算効率が著しく向上するが, 候補符号語のインデックスを記憶しておくための表が必要となる. 本稿では, 演算量を犠牲にすることなく, インデックス表の大きさを削減するための手法を提案する.

Journal

  • Proceedings of the Society Conference of IEICE

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.情報システム, 100, 1997-08-13

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003341075
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10489017
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top